危険な害獣を退治するには|家に出た蟻は業者に頼んで巣まできちんと駆除しよう
女の人

家に出た蟻は業者に頼んで巣まできちんと駆除しよう

危険な害獣を退治するには

アライグマ

実は凶暴な動物

アライグマは北アメリカ原産の哺乳類で、前足を水中に突っ込んで獲物を狙う姿が手を洗っているように見えたことからこのような名称で呼ばれるようになりました。この仕草や見た目の愛らしさ、それに1977年のアニメ「あらいぐまラスカル」の影響などでアライグマはペットとして日本に多く持ち込まれましたが、アニメでも近隣のトウモロコシ畑を食い荒らす話があったように本質的には凶暴な気性の動物です。脱走した個体や育てきれずアニメ最終回のように捨てた個体が繁殖して農作物への被害や生態系の破壊を引き起こしており、特定外来生物に指定されています。またフンには様々な感染症を引き起こす虫が寄生しているので、病気を広める原因にもなっています。現在では全47都道府県で野生化したアライグマの個体が確認されており、様々な被害が拡大しているので駆除の必要性が高まっています。

個人での対策は難しい

アライグマの被害を防ぐのに必要なのは、まず侵入を防ぐことです。アライグマは器用な性質を持っているので単純にフェンスを設置するだけでは乗り越えられてしまいます。なので電気柵を併用するなど入念な対策を練らなければなりません。また力もあるので捕獲機で一度は捕らえても力ずくでこじ開けられて駆除に失敗というケースも発生しています。そうならないためにはこまめに確認する必要があり、負担も大きくなります。このようにアライグマは非常にやっかいな性質が多く、個人の力で駆除するのは容易ではありません。そこで大事なのは専門家に相談することです。まず被害を発見した場合はまず自治体に相談する必要があります。捕獲する場合は害獣駆除専門の会社がいくつか存在しているので、そういったプロの手を借りるのも一つの方法となるでしょう。