作業員

家に出た蟻は業者に頼んで巣まできちんと駆除しよう

危険な害獣を退治するには

アライグマ

本来日本には存在しなかったアライグマが野生化して、農作物を食い荒らしたり生態系を乱すなどの被害が深刻化しています。手先が器用で力もあるなど駆除するのは簡単ではないので、専門家に依頼するといった対策を取る必要があります。

被害を抑える対応策

ネズミ

一般家庭にも出没するねずみに悩む場合、ねずみ駆除や退治が必要です。市販されている薬剤を用いるだけでは、知恵のあるねずみはなかなか退治できないため、習性や習慣をチェックした対策案で解決へと結び付けられます。

手間を惜しまずに

あり

最後まで丁寧に

蟻が行列を成している状態を見ると、決して気持ちの良いものではありませんよね。あまり大きな害はありませんが、出来るだけ早く駆除したいものです。もちろん、専門の業者に依頼し、蟻の巣から駆除してもらうのが一番良いのですが、自分の家の敷地外からやってくる蟻は、なかなか巣ごと駆除するのは難しいものです。まずは、自宅の蟻を駆除していくことが大切です。もちろん、蟻専用の殺虫剤が販売されていますので、それを利用して駆除してください。その際、駆除した蟻の死骸を放置してしまうと、それを目当てにした他の害虫を呼び寄せてしまう結果になりますので、駆除した後は、必ず箒ではく、もしくは水で流すなどの後片付けをすることを忘れないでください。

殺虫剤の代わりに

専用の殺虫剤がない場合、他の殺虫剤で代用することも出来ます。他の殺虫剤がない場合は、熱湯で代用してみてください。小さなお子様のいるご家庭などでも、熱湯で駆除すると殺虫成分を含んでいませんので、その後が安心です。ただし、家の中ではフローリングを傷める可能性がありますので、熱湯を使用することは控えてください。また、市販されている蟻専用の蟻の巣ごと退治してくれる置き型殺虫剤は、ダンゴムシなどの他の虫も寄って来ますので、使用には十分注意が必要です。蟻の好きなにおいに寄って来る虫が他にもいるということを知ったうえで使用してください。家の周りは定期的に掃き掃除をするなど、出来るだけ清潔に保つことで、予防することも大切です。またこれらの作業が面倒だったり、時間がなくて行なえなかったりするのであれば、専門業者へ依頼すべきでしょう。

ネズミを見たら駆除が必要

作業者

ネズミは一匹見かけたら十倍はいると考えた方がよく、自宅で見かけた場合は速やかに専門業者にネズミ駆除を依頼してください。安易に考えていると家の中がボロボロになり、病気にかかる可能性もあるので、正しい対処が必要になります。